Director: Caroline Sascha Cogez

Caroline Sascha Cogez is a Denmark-based director. Prior to attending the Danish film school ‘Super16’, Cogez worked as Assistant Director for genius amateur director Lars von Trier on “The Idiots”, “Dancer in the Dark” and “Dogville”. Throughout her career, Cogez’s passion for music has been the source of inspiration for many collaborations and film projects. She worked in London for MTV and VH1 for a couple of years and later toured with Danish band The Raveonettes and Canadian musician Peaches, doing filming and music videos. 

キャロラインは、デンマークを拠点に活動する映像ディレクター。映画界の鬼才 ラース フォン トリアーのアシスタントとして、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『ドッグヴィル』の撮影を経験。音楽専門チャンネルMTVやアメリカのケーブルテレビVH1の仕事でデンマークやカナダのミュージシャンと共にロンドンに渡り、ツアーに同行しながらの撮影とミュージックビデオの制作を手掛けた。音楽に対する情熱が強く、多くのインスピレーションを受けている。