Director: Ryan Staake

Ryan Staake is a Brooklyn-based film director. After studying graphic design, Staake worked on interface design for the iPhone and iPad with Apple before becoming a director. Also a VFX artist, Staake is known for creating striking videos that combine live action and CG. Staake is always looking for cutting-edge techniques to create new ways of expression (e.g. remote-controlled helicopters, ultraviolet LED lights, infrared cameras, 360 degree cameras, virtual reality etc).

ライアン・スタークはブルックリンをベースに活動する映像ディレクター。グラフィックデザインを学んだ後、AppleにてiPhoneやiPadのインターフェースのデザインを手がけ、 その後、映像ディレクターに。実写とCGを組み合わせたインパクトのある映像を得意とし、 VFXアーティストでもある。 リモコンヘリやUltraviolet LED lights、赤外線カメラ、360°カメラ、 バーチャルリアリティなど、常に新しい技術を積極的に用い、新しい表現を追求している。