Director of Photography: João Padua

João Padua is a Cinematographer & Photographer living in Los Angeles who graduated from the Paris Photographic Institute, with a specialization in History of Modern and Contemporary Art from ‘Musée du Jeu de Paume’. Born in Rio de Janeiro from a multicultural background, João is a French and Brazilian citizen and fluently speaks four languages (English, French, Spanish and Portuguese). He worked as the Director of Photography on the movie ‘All the Reasons to Forget’ (Netflix) and also TV series such as ‘City of Men’ (spin-off of acclaimed film City of God’)’ and HBO’s serie ‘PSI’ (Telly awards winner 2020 and Emmy nominated), as well as on many commercials shot in more than 10 countries.

ジョアン・パドアはロサンゼルス在住のシネマトグラファー兼フォトグラファーである。リオデジャネイロで生まれ、パリのフォトグラフィックインスティチュートを卒業。ジュ・ド・ポーム国立美術館より近現代の美術史を専門的に学ぶ。卒業後はパリにてフォトグラファーとしてのキャリアをスタート。シネマトグラファーとしてフィルムでの撮影も好み16mmや35mmフィルムでも多くの広告作品を撮影している。多文化なバックグラウンドで育ったジョアンは、フランスとブラジルの両国籍をもち、英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語の4ヶ国語を話す。Netflixシリーズ「All the Resons to Forget」、TVシリーズ「シティ•オブ•メン」、またHBOブラジルのテレビシリーズ「Psi」などの長編ドラマの撮影を担当。HBOシリーズはTellyアワードを2020年に受賞し、エミー賞にもノミネートされている。

Awards : 
Telly Awards 2020 (NYC) Silver Telly for Cinematography "Whats Watts - A Story of Transformation" and "PSI (HBO)" 
CANNES LIONS Bronze in Film 2018 for “Help Cliff”