Director of Photography: Zack Spiger

Zack Spiger is Paris-based DP who was born and raised on a farm outside Seattle. He started filming his friends skateboarding on makeshift ramps in his father’s barn. After he moved to Los Angeles, he discovered street photography and documentary film. Now he has been living in Paris for more than ten years. Spiger has innate passion for celluloid, and he owns 16mm and 35mm cinematography cameras. Currently he shoots commercial projects for Budweiser, Google, Dior, Smirnoff, Vons, Valentino and Vogue, as well as stylish music videos. 

 

ザック・スパイガーはパリを拠点に活躍するシネマトグラファー。アメリカのシアトル郊外で生まれ育ち、最初は友達がスケボーをする姿を父親の納屋で撮影していた。ロサンゼルスに住まいを移してからストリート感のある映像やドキュメンタリーフィルムを撮りキャリアをスタート。現在はパリに10年以上住み、世界各国で広告やMVの撮影で活躍している。フィルム撮影に対する情熱が熱く、16mmと35mmのムービーカメラを所有している。クライアントにBudweiser、Google、Dior、Smirnoff、Vons、Valentino、Vogueなどがある。