mixi OFFICE ENTRANCE LED SIGNAGE

渋谷スクランブルスクエア36Fにあるmixi新オフィスのエントランスに、横24m×高さ2.8m約16Kという巨大なLEDサイネージ用の映像コンテンツを企画/制作しました。


来訪者を出迎える顔として、同社の「既存の概念にとらわれない自由な創造性」を表現することをテーマに、アウトプット方法を模索。ミクシィグループが世に生み出すサービスに一貫して掲げる「For Communication」というミッションを軸に、以下の4つのコンテンツテーマを策定しました。

・Location (SHIBUYA)

SHIBUYAを起点に生み出される、コミュニケーションの未来。様々なアイディアにより新しい街ができる。

渋⾕の街に集まる様々な⼈の現在・未来の姿を4名のイラストレーターの手で具現化。イラストに描かれた多様なコミュニケーションのひとつひとつが街全体に彩りを与え、⼀⾒無機質で⾊味のない街がカラフルに染まっていきます。それは渋⾕の街に根ざし、コミュニケーションを通じて世界を鮮やかに変えていくミクシィグループのミッションそのものであり、急速に発展を遂げる渋⾕とコミュニケーションの関係性を表現しています。

・Inclusiveness (DIVERSITY)

カルチャ ーや考え方が違う仲間がいても、 個性を大切にし、それを包み込み、 よりよく昇華していく。

ミクシィグループの個性豊かな⼈材(社員・ステークホルダー)を、遊び⼼溢れるキャラクターで表現。⼈それぞれ異なる個性・性質がタイトルとキャラクターデザインのひとつひとつに込められています。LEDの奥に広がっているようなバーチャル空間で、多様なキャラクターたちが違和感なく同居し、積極的にコミュニケーションをとり合う姿は、ミクシィグループのカルチャーや考え⽅が違う仲間がいても、個性を⼤切にし、それを包みこむ企業姿勢を象徴しています。

・First Move (MOTION)

新しいことを最初に考え、立ち上げ、広める者。環境や時代の変化を洞察して、様々な人と新しい潮流を作る。

First Moveでは、急速に変化する時代の流れを様々なパーティクルやモーションを使って表現しています。オフィスに訪れた⼈が映像の前に⽴つことで、その流れにインタラクティブな変化が起こります。それは、この場所が新たな出会いの場所であり、この場所で繋がり、コミュニケーションを⾏うことで、新しい時代の流れが⽣まれることを意味しています。

・Sharing (TIME)

同じ時間を共有し、これから新しいことが始まる予感を感じさせる。

30分おきに渋⾕の映像とともに時報が流れ、同じ時間を共有し、これから新しいことが始まる予感を感じさせます。朝(10:00〜11:30)、昼(12:00〜15:30)、⼣⽅( 16:00〜18:00)、夜(18:30〜20:00) でその時間に合った異なる映像が映し出されます。